まとめ

【婚約者は溺愛のふり】契約(ビジネス)から始まる恋の感想【まとめ】

婚約者は溺愛のふり『まとめ』 (画像引用:1-9話表紙より)
銀づち

 婚約者は溺愛のフリの各話感想をまとめました。気になるお話があったら、ぜひ各話に飛んで読んでいってください。

 他のタイトルの話は【取り扱いジャンルについて】、もしくは上記メニューからどうぞ。

著:仲野えみこ連載:月刊LaLa(白泉社)

 ジャハリー家の養子ラチエルは税金計算とクレーム処理は得意だが、恋愛事は苦手。
 ラチエルは家の財政状態の悪化から政略結婚を考えるも、恋愛スキルが下手すぎて何回もフラれ続けていた。

 そんな中、絶対に無理だろうと思っていた相手に告白するとまさかのOK。

 しかし、どうやら相手にも事情があり……?

スポンサーリンク

第1話&2話

第一話

 主人公ラチエル・ジャハリーは商売をしている家を建て直すためにも、と政略結婚の相手を探していた。

 しかし彼女は経理仕事は得意だが、恋愛ごとは苦手。今まで何人もの相手にフラレ続けていた。

 そんな中、若手で一番勢いのある実業家であり、イケメンのファハド・アウレシアにダメ元で告白すると、まさかのOK。

 別荘でのデートでは、中々上手くいかなかったものの、なぜか婚約は解消されなかった。

 そしてお互いの両親との挨拶をして互いの事情を伝えあった結果、互いの利害(※1)が一致しているとして、婚約者(周囲には熱愛と見せる)になる。
※1ラチエルはお金が欲しい。ファハドは父親の干渉・妨害から逃れたい。

銀づち
銀づち

デートでのいちゃつきっぷりは、中々ファハドの色気がすごかったので見どころです。

第二話

 ファハドの頼みで社交界に出たラチエルだが、令嬢の間で大人気のファハドと婚約したことで嫉妬の対象に。

 ジャハリー家の悪い噂や別荘が荒らされる事件が発生。なんとかファハドの負担にならないようにと自分で解決するために奔走。

 無事に証拠をつかんだものの、ラチエルのファハドへの態度がおかしかったと言われて動揺してしまう。

 だがその後現れたファハド(嫌がらせについて知っていた)がラチエルに指輪を渡し、彼女も必死に演技をして周囲にその姿を見せつけ、事件は解決。

 荒らされた別荘はファハドが買い取り、それを「新居購入」と勘違いしたラチエルの父親のせいで2人は同居することになった。

【漫画レビュー】婚約者は溺愛のふり―偽りから始まる恋

 こちらの記事は具体的な内容というより、感想がメインとなっております。

第3話

 2人の同居が始まって少し経ってからのお話。

 ファハドの仕事仲間を呼んでパーティを開くことに。
 ふりとはいえ婚約者として頑張るラチエル。

 お客さんの相手をし、第2話でもらった婚約指輪が自分のことを思っての特別なものであることを知るラチエル。

 そしてお酒でダウンしてしまった彼を寝室へと運んでいき、指輪のお礼をはにかみながら伝える。

 すると「もっと笑えばいいのに」とファハドに言われ、ラチエルは笑顔を意識するが……ファハドの方こそ笑えばいいのに、と思うのだった。

【婚約者は溺愛のふり】第3話―ラチエルとファハドの魅力【ネタバレ感想】

第4話

 今回は婚約の先、結婚について考えるお話で、ファハドの元婚約者が登場!

 ラチエルは両親から「結婚はいつにするのか」と聞かれ、悩んでいた。

 そんな中、彼女の元を訪ねてきたのは……なんと! ファハドの元・婚約者であるナディラ。

 さらには両親までもが同じタイミングでやってきて、ラチエルはうまく対応できず、ファハドが解決してしまった。

 ラチエルはそんな情けない自分を叱咤し、自分と契約したことで損はさせない、自分にできることは何でもする、とファハドに告げるのだった。

【婚約者は溺愛のふり】第4話―ラチエルの宣言が格好いい!【ネタバレ感想】

 当初の予定ではこのお話で終わりだったそうですが、正式に連載が決定されたとのこと!
 おめでとうございます!

 わっしょーい! な第4話までが読めるのはコチラ!

第5話

 ここから本格連載開始、となります。

 ラチエル側の親戚を招いての顔合わせの前夜、彼女はファハドの部屋を訪ねる。
 実は、両親の結婚は親戚から反対されており、養子のラチエルも親戚に嫌われていた。

 そのことでファハドが嫌な思いをしないようにと、伝えようとしたのだ。

 この時、いつもと違う髪型だったため、ファハドが「あれ、かわいい」とさらっと褒めてくれるのを、ラチエルはしばらく反芻して味わう。

 そしてなんとか無事にパーティが始まるものの、多忙からラチエルが体調を崩してしまう。

 ファハドが寝室まで連れて行ってくれることで仲の良さを周囲に見せつけるが、その後で医者としてラチエルの元にやってきたのは彼女の知り合いらしい?

【婚約者は溺愛のふり】第5話―ファハドのライバル登場か!?【ネタバレ感想】

 ファハドの「可愛い」という発言にかなり動揺しているラチエルが本当に可愛いです。

第6話

 新たなイケメンの出現に、ファハドが動くっ? 表情が見えにくいファハドの本気が見れる、かも?

 医者としてやってきたのはラチエルの昔からの知り合いのカザンだった。

 ファハドはそのことを従者たちから聞き、「診療なら(触られても)大丈夫なんですね」とラチエルに触れ、彼女は真っ赤になってしまう。

 その後、もう一度カザンと会ったラチエルだが、ふとした会話からファハドとの婚約が契約であるとバレてしまう。
 カザンは心配でファハドと話をする、と言い出した。

 ファハドに面倒をかけると謝るラチエルダが、自分たちは恋人の「ふり」だからファハドに恋人がいても構わない、などというラチエルに対してファハドは

「嫉妬してくれないんですか?」
「ラチエルさえ良ければ、(ライバル?に対して)受けて立ちます」

などと気になる発言をするのだった。

【婚約者は溺愛のふり】第6話―早くも利害のための婚約とバレる!?【ネタバレ感想】

 ファハドの流し目が最高に格好良かったです! 目元だけのコマですが必見です。

第7話

 ラチエルの知らないところで密かに何かが始まっているような雰囲気を感じさせるお話でした。

 カザンは医者。ファハドは薬業を営んでいる、ということで2人の会話は和やかに弾んでいた。

 ラチエルは頭の中で殴り合う2人を想像していたので、そうならずに安堵。

 その後ラチエルが急用で席を外すと、カザンは「(ラチエルが)大事にされているようで安心した」と笑うものの、帰り際にさらっとファハドが知らないラチエルの姿について言及。
 ファハドは密かにその言葉について考え込む。

 一方のラチエルは仕事でミスをしてしまい、凹んでいたため、気分転換にお菓子作りをしていた。
 そこへファハドもやってきて一緒にお菓子を作ることになる。

 ファハドは「最近いつ泣いたか」とラチエルに問いかけて、「泣いたらスッキリすることもあるからな」と吹っ切れた笑顔を見せる彼女に、彼もまたスッキリしたほほえみを見せるのだった。

 ちなみにお菓子は少し失敗した。

【婚約者は溺愛のふり】第7話―カザンの挑発(?)にファハドはどう動く?【ネタバレ感想】

 やはりこういう障害になりそうな存在が出てくると話に動きが出て面白いですね。

 でも今回は、ほのぼのするお話でもありましたので、ほのぼのしたい方にもおすすめ。

第8話

 今回は『あの』ファハドが! クールすぎて何考えているかいまいちつかみにくいファハドが……わーっというお話。

 イヴァとファハドについて話していると、ファハドに恋人がいない、というのは嘘なのではないかという話になる。
 ラチエルはその話を聞いてからなぜかモヤモヤとした気分になってしまう。

 気分を変えようとインクを購入しに行くが、そんな彼女の前にやってきたカザン。
 そして流れで彼の患者の子どもたちのためのおもちゃを一緒に選ぶことになった。

 ラチエルが家に帰ると送ってくれたカザンとファハドがかち合わせる。

 ファハドはラチエルがカザンと友達以上のことはしていないという言葉を信じてくれた。

 ラチエルのもやもやは、ファハドを信頼していたのに嘘をつかれたかもしれないことから来ていたと、彼女は気づく。

 そしてファハドは背中を向けたラチエルの髪を手にとって、そこに口づけるのだった。

【婚約者は溺愛のふり】第8話―もやもやラチエルと彼女に手を伸ばすファハド【ネタバレ感想】

じれったい2人のやり取りが見れるのはコチラ!(5~8話)

第8.5話-イヴァ特別編-

 今回は番外編。
 8.5とありますが掲載されたのが8話と9話の間だったため、便宜上そうしております。
 時間軸がこの間の話なのかは不明です。

 イヴァが出勤するとラチエルはすでに仕事をしていたものの、顔色が悪い。

「いや。今手紙を書いている相手が前振られた人のお母様だなって」

 真っ青になっている主人を見ながら『普通に顔はいいのに、恋愛のセンスがまったくないからモテない』と心のなかで思うイヴァ。

 同時に神経が図太いとも思っている。なにせスペックが高すぎるファハドに告白したのだから。

 そんなファハドからラチエルに昼食の誘いがあり、そのことを主人に伝えるとイヴァとの食事だと勘違いして喜ぶラチエル。

 すぐに誤解は解けたものの、それでもいつか主人とか付き人とか関係なく一緒に行こう、と言ってくれるラチエルに
「それを言う相手が間違っているからモテないんだ」と言いながら、

「今日はめちゃくちゃかわいく仕上げるっす」

 そう気合を入れるイヴァだった。

【婚約者は溺愛のふり】イヴァ特別編―なんだかんだと相思相愛な主従【ネタバレ感想】

 なんだかんだ、そんな主人が大好きなイヴァでした。

第9話

 今回は今までと違う雰囲気のお話。大きく物語が動く気配がします。

 手をけがしたラチエルの父親の代わりとして訪れたモルドーの民(金山羊の薬を作る一族)との取引に、ファハドとイーサンもついてくることになった。

 ラチエルが婚約したことを祝福してくれるモルドーの民たち。

 と、順調そうに見えたものの、ラチエルの心からの手土産をきっかけに雲行きが怪しくなった。

 金山羊の薬。

 金にも等しいと言われる価値のある薬だが、価値が高すぎるがゆえに作っているモルドーの民たちは使うことができず……大切な人を失ってしまった。

 彼らは病気になったとしても、金山羊の薬も市井の薬も使えない。すべては金山羊の薬の価値を高めるため。

 そう苦しむ彼らに何かしたいとラチエルは考えて、市井の薬を土産に持ってきた。

 しかし受け取ることを断られてしまい、族長親子の雰囲気も悪くさせてしまった。

 悲しむラチエルを見つめるファハドは何を思うのか――?

【婚約者は溺愛のふり】第9話―自分の無力を嘆くラチエル【ネタバレ感想】

 どう問題を解決するのか……次回が待ち遠しい話でした。

第10話

 一体どうやって問題を解決するのーっ? で終わった前回。10話で問題解決です。

 雰囲気が悪くなった中、ファハドが族長に提案を持ちかけた。

 薬屋を営む彼は族長の体調不良に気づき、族長をはじめとして他のものにも薬が使えるように薬の開発をしないか、と。

 最初は亡くなった息子の元へと行くためにと断る族長だったが、彼にはまだ愛する娘がいた。
 族長はファハドと薬の契約を結ぶ。

 一方のラチエルはそんなファハドに感心していた。やはり仕事のためについてきたんだなと、とその手腕を尊敬する。
 自分のためにファハドが動いてくれた、とはまったく思っていないラチエルに、さすがのファハドもお手上げで、笑うのだった。

【婚約者は溺愛のふり】第10話―ラチエルのためにと動くファハドだが?【ネタバレ感想】

 恋模様が発展、はしていませんが2人の仲は深まった……?

第11話

 前回、一晩を同じ天幕で過ごしたラチエルとファハド。ビジネス談義だったとは言え、仲が深まってきたように見えるが……?

 以前より、ファハドはラチエルと気が合わなかったときのために別宅の準備をしていたことを知ったラチエル。

 このままでは別居→破局の危機? と焦った彼女だったがファハドの母親と会うことになって挽回しようと意気込む。

 ファハドの母「マーヤン」は息子と違ってお酒が強く、その相手をしたラチエルもベロベロに酔っ払ってしまい、ファハドが介抱することになった。

 ラチエルはそのことを失態だと、別居されると思いこんでいるがファハドは……?

【婚約者は溺愛のふり】11話―別居の危機か!?ラチエル、ベロベロに酔っ払う!【ネタバレ感想】

 ラチエルの挑発! しかしファハドには効果がなかった……?

第12話

 酔いつぶれて介抱……ドキドキはらはらな感じ?

 ファハドの実母、マーヤンとの対面。今までの挽回をと意気込むラチエルは、マーヤンがお酒好きと聞いてその相手を務める。

 が、張り切りすぎて飲み過ぎ、体調を崩してしまう。

 ファハドが介護をしてくれ、申し訳ないと思うラチエルだが幼少期、忙しい両親がそばにいてくれたのが体調を崩したときであったため、少しファハドに甘えてしまう。

 そのまま無意識に彼の手をつかんだまま眠ってしまい……2人は一夜をともに明かすのだった。

【婚約者は溺愛のふり】12話―分からない。そう、彼女はわからないのだ。

 可愛らしすぎるラチエルに、ファハドは思わず彼女に顔を近づけて――?

 わーわーわー! な12話はコチラから!

ABOUT ME
銀づち
銀づち
マンガを熱く語ラー
名前の由来は、サイト名が工房なので道具(金槌)をもとに、金より銀が好きだなで銀づちとなりました。 マンガには好き嫌いがかなりあり、受け付けないイラストも多い。 好きな漫画にはめちゃくちゃ好きなキャラクターが登場する傾向がある。
記事URLをコピーしました