※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

アニメ

【アニメ-MASHLE-】第5話『マッシュ・バーンデッドとモテない同級生』――自分以外に負けるのは許さない【ネタバレ感想】

アニメ『マッシュル-MASHLE-』第5話感想(画像参照:アニメ『マッシュル-MASHLE-』公式キービジュアルより)
銀づち

 少年漫画につきもののライバルキャラ、それもイケメンが登場した前回!

 やったぜ、私の大好きなイケメンだと思ったら……超絶シスコン(自覚あり)でした……でも、それもよし!

 クールツンデレシスコンイケメンという、属性モリモリなキャラでしたが、誰ともキャラ被りしてないのがすごいですね。

 そして今回も新キャラが登場しますが、話のタイトルに有る通りな子です……胸が痛い?

 なんだか色んな意味で痛いこが出てきますので、中二病を持っている方も少し警戒しながら第5話行ってみましょう!

 モテない子はおいておき、イケメンのエプロン&クッキング姿が見れるマッシュル第5話が見たくなったら↓コチラ↓からどうぞ!

前の感想>>第4話
次の感想>>第6話
感想一覧>>まとめ

スポンサーリンク

前回のあらすじ

 魔法が使えなくても筋肉があれば空は飛べる……?

 ほうきを使ったスポーツ『ドゥエロ』に出場したマッシュ。当然飛べないのだが、相手チームの勝てばいい、というやり方に思うところがあったマッシュは……なんか頑張って飛んで、チームの勝利に貢献し、銀のコインを手に入れた。

 そんなマッシュの活躍が新聞に報じられ、それを読んでいた一人の少年が「次はこいつだ」とマッシュを狙う。

 トムやレモン、フィンに囲まれて賑やかな時を過ごしていたマッシュのもとに先程の少年、ランスがやって来て、フィンたち3人を魔法の瓶の中に閉じ込めて勝負を挑んでくる。

 勝負に望んだマッシュは強力な重力魔法に抗い、なんとか3人を取り戻すが、ランスは悪いやつじゃなさそうだと勝負を取りやめる。

 しかしランスは勝負を挑んだのは自分だから、と銀のコインを1枚くれるのだった。

前話より

 尊いは世界を超えるのだ。

 ちなみに前回の内容は漫画の1巻~2巻の頭までになります! 漫画版も見たくなったならば↓コチラ↓からどうぞ! 1巻の表紙がOPでも使われてて格好いいです。

今回のポイント

 尊い茶番とマンドラゴラシュークリーム

  • イケメンとクッキング
  • 突然来る寮設定と対決
  • モテないけどキャラは持ってる新キャラ

 どこかで見たような設定だけど、気にしたら負け。

イケメンのエプロン姿とシュークリーム

 まずここで寮の説明があります。3つの寮があり、アドラ(勇気と信念)、オルカ(チケ性と勤勉)、レアン(才能と自尊心)が対立し、各々の主張を体現しています。

 アドラ寮の部屋でのんびりしているマッシュとフィン君。

 今、マッシュは銀のコインを2枚持っており、それがくっついているのが見えます。

ワン親方
ワン親方

なるほど!
5枚集めて1つになると金のコインになるのか

銀づち
銀づち

地味なポイントですが、このくっついている状態のコインに注目。

 穏やかにコーヒーか紅茶か飲んでいるわけですが、フィンくんが「いや、課題があるよ!」と思い出して焦りだします。魔法薬学で提出しないといけないものがあるようで、これをしないと自主退学も見えてくるんだとか。

 慌てている二人の元にやってきたのが、前回のクールイケメン(超シスコン)のランスです。彼は学年トップクラスの成績を収めているだけあって、もう課題は提出済みのようですね。

 マッシュたちのような劣等生がいると寮のイメージを下げかねない、と言っているので彼も間違いなくアドラ寮なんでしょう。……まあそもそもここ寮の内部ですしね。

 なんとも偉そうに言うランスに歩いていくマッシュ。ランスが首に下げているロケットを手に取り、オープンしてランスにつきつけます。そのロケットには、もちろん彼の最愛の妹の写真が。

 光り輝くロケットに言葉を失うランス。そして自ら後ろへと飛び退り、マッシュたちの部屋の壁に日々が入ります。

ワン親方
ワン親方

こういう漫画でありがちな、建物すぐ壊れるやつだー!

 そしてこの場にはフィン君がいるので、「自分で後ろに飛んだ」とツッコミが入ります。

銀づち
銀づち

ツッコミがいる安心感が半端ない!

 吐血し、「やんごとなし」と満足げに気絶するランス……。

 と思いきや、次の瞬間には復活してキッチンのような場所に移動している3人。どうもランス、魔法薬学の課題について教えてくれるみたいですね。――さっきのはただの茶番。彼のキャラクターを視聴者に再び印象付けるためのものでしょう(個人的意見)。

マンドラゴラを大人しくさせる方法

 今回はマンドラゴラ(大きな大根みたいなのに手足が映えて、顔があって泣き叫んでる)を使うみたいです。

 ちょっとキモいです。

 叫んでいるマンドラゴラに魔法をかけて大人しくさせると、万能に使える魔法薬の素材になるそうですが、説明しているランスの背後では声も文字もうるさいです。

ワン親方
ワン親方

文字がうるせぇっというのは見てもらえれば分かるぜ!

銀づち
銀づち

この文字の表現が面白いのがマッシュルですよね!

 叫んでいたマンドラゴラに、ランスが見本として魔法をかけてくれます。すると、叫んでいたマンドラゴラが眠りにつき、葉っぱもふにゃんとします。

 フィン君がやってみますが、なかなかうまく行きません。マッシュが体幹についてアドバイスしてから、自分もやってみますがマンドラゴラの泣き声は更に酷くなります。

 と、ランスがフィン君に助言します。するとフィン君のマンドラゴラは無事に泣き止みました。喜ぶフィン君可愛い、プライスレス。

 クールに見えてもやはり根がいい子なので、面倒見がいいですね。妹がいる兄というのもあるかもしれません。

 しかし、助言している間もずっと背後ではマンドラゴラが叫び続けているので、マンドラゴラの声優さん凄いなと思いました(一定部分録音して繰り返してるだけかもしれませんが)。

ワン親方
ワン親方

どこに関心してんだっ!?

 と、マッシュの方はどうなっているかというと……めちゃくちゃ巨大化&凶暴化してました。

 先程までのマンドラゴラはうるさいだけで危害を直接加えてくることはなかったのですが、マッシュのマンドラゴラは暴れて天井を破壊したりとかなりやばいことに。

 マッシュはその一撃を避け、そしてマンドラゴラを……ビンタしました――あふんっ!

 倒れ込むマンドラゴラ。叩かれたほっぺがピンク色に染まり、静かになりました。

銀づち
銀づち

さすがマッシュ。マンドラゴラを大人しくさせられましたね!

ワン親方
ワン親方

いやこれ出来たって言うのかっ?

 このはたかれた瞬間のマンドラゴラの表情と声が私は好きです。なんかツボにはまります。漫画の表情を上手く再現しつつ、声もついているのでアニメならではのいい感じになっています。

 ちょっとこのシーンを漫画と見比べたくなった方は↓コチラ↓からどうぞ!

 この後で「マンドラゴラクッキング」というのが出てきますが、これは3分クッキングのオマージュで、アニメオリジナルです。そしてちゃんと真ん中のマンドラゴラにビンタの痕が残っているのがいい。

アニメ・エンタメ見放題!初月無料!【DMMプレミアム(DMM TV)】

れっつ! マンドラゴラ・クッキング!

 そしてここからがクッキングタイムで、エプロンと三角巾をつけたランスが「簡単だ」と実践していくのですが調合と言うより本当に料理。包丁で切り刻み、炒めて、何かをふりかけ……と、「君、料理男子だったのか」というほどに見事な腕前でマンドラゴラを処理し、魔法薬に。

 簡単でしょ、といいますが全然簡単じゃない!

銀づち
銀づち

ここのノリは完全に銀◯ですね! 懐かしい!

ワン親方
ワン親方

この場にフィンがいてくれてよかったぜ。ツッコミ不在はこえー。

 マッシュが実践していきます(このマンドラゴラにはちゃんとビンタの痕があります)。同じ手順をしていくその手つきはランスとまったく同じ! やはりマッシュ、魔力にかんしないことならば優秀……。

ワン親方
ワン親方

って、シュークリームになってるじゃねえか!
なんとなく、そうかなとは思ってたけど!

銀づち
銀づち

さすが、マッシュです。期待を裏切らないとても美味しそうなシュークリームを作り上げてくれました!

 ランスがそれに対して「ふざけてる」と言いますが、マッシュは大真面目です。

 そしてここで、3人が並んでいて身長が分かるんですがランスが一番背が高いみたいですね。フィン君が一番身長低くて個人的に萌えました

ワン親方
ワン親方

そこはどうでもいい!

 あと、また3分クッキングのオマージュの音楽がかかるのですが、3人のミニキャラがとても可愛いです。アニメならではですが、可愛くてこういう細かいところが好きです。

 今度は細かくランスがマッシュに指示を出して作らせますが、やはりまたシュークリームになってしまい、ランスもツッコミをいれる自体に。しかも今度は一度クリームっぽい? ピンクのクリームが入ってました。

 マッシュは戦うこと以外は本当にポンコツ、ということを口にするランスに対し、マッシュは堂々としています。さすがマッシュだぜ。

 ランスはそんなマッシュに呆れながらも、もう二度とマッシュには負けない、とあらためてライバル宣言します。彼もまた、神覚者にならないといけない理由があるからです。

ワン親方
ワン親方

この二人なら、どちらが神覚者になっても目的はほぼ変わらないから大丈夫な気はするが。

銀づち
銀づち

マッシュの魔力がない、というのはまだランスたちは知りませんしね……知ったとしても大切な妹のことを簡単に他者に任せるともおもえませんが。

ワン親方
ワン親方

あと、マッシュもランスのハッキリとした目的は知らないか。妹関連とは予想ついてるかもだが……マッシュだから変なこと考えてそうでもある。

 とにかく自分といい勝負をしたのだから、他の奴らに勝手に負けるなよ、とランスは言うのでした。

 マッシュは相変わらずの無表情で「そのつもりだ」と宣言し、3人は再び調合へと戻るのでした。

他寮との合同の課外授業

 学園長が課外授業があるが大丈夫か、と心配していました。

 そんな中、学校の廊下では楽しそうに会話しながら歩く3人の生徒。と、正面から歩いてくる赤毛の少年。少年は避けるつもりがないらしく、肩がぶつかり、3人の生徒たちが赤毛の少年を呼び止めます。

 そうして次の場面で倒れ伏しているのは3人組の方でした。

ワン親方
ワン親方

不良だああああああ!

銀づち
銀づち

そしてまたボロボロになる廊下……魔法で修理する係とかいるんでしょうか。大変ですね。だとしたら最初から傷つかないように頑丈にしたほうが

ワン親方
ワン親方

どこ気になってんだよ!
演出なんだから、そこはスルーしておけよ!

 それはさておき、赤毛の少年は自分が主役だと、3人のことを脇役と呼んで叫んでます。俺様が世界の中心、という考えのようですね。

 そしてまた場面は変わります。
 薄暗い中で複数人が集まっています。人形を抱えた少年の前に膝をついているので、この少年が集団のトップみたいですね。

 少年の背後には人形があって、ろうそくがあります。なんだか怪しげな雰囲気。

 支配者がどうのとか、高潔な血と言っていることから、マッシュたちのアドラ寮とはまた別っぽいですね。実際、アドラのやつらではないからやつらからコインを奪い尽くせ、と少年は銀のコイン(5分の1のやつ)をぱちぱちと地面に落とします。

 何で落としたのか。そして何で1枚にしてくっつけないのかは謎です。

 でもこれ、くっつけると金のコイン1/5枚とちょっとしかならないので、格好つけるためかな?

ワン親方
ワン親方

シーッ!
微妙な年頃なんだから、そういうところツッコミ入れてやるなよ!

銀づち
銀づち

どうやら、中二病対決が来るっぽいですね!

 厨二病患者の方はここから先お気をつけて!

 怪しげな雰囲気がしだした中、マッシュはマンドラゴラのシュークリームを食べてました。美味しいらしいです。ランスも無言で食べているので、本当に美味しいみたいですね。

モテない君(自覚済み)来たー!

 翌日。3人は深い森の中にいました。ここで授業するらしいです。当然キャンプではありません。

 何をするのかと話している3人の耳に「俺がナンバー1」と言っている声が聞こえます。見れば、あの赤髪の少年です。彼の名前はドット・バレット。

ワン親方
ワン親方

うーん、廊下の事件ではちょっと格好良くも見えなくもなかったが、俺がナンバー1とか見てると馬鹿っぽいな。

銀づち
銀づち

親方も中々厳しい意見言いますね。

 そしてマッシュたちの目線を受けたドットは「何見てるんだ」と声をかけ、マッシュが最近噂のキノコ頭だと気づきます。脇役みたいだ、とドットが言い「俺が主役だ」的なことを言おうとして、そこへレモンちゃんが現れます。

 キラキラと輝きながら美少女っぽい雰囲気で駆け寄ってきたレモンちゃんがマッシュに話しかけるのを見て、ドットはキレます。プっとつばを吐きかけるわけですが、これも漫画っぽい表現をしていて好きです。

 アニメ・マッシュルはアニメなのにこういうマンガ表現がマジで秀逸です。好き嫌いは別れるかもしれませんが、私は好きです。

 女の子にちやほやされているマッシュが羨ましいドット。どうやらモテない同級生は彼のことだったようです。世界の男女比率は1対1なのになんで自分を好きになってくれる女子がいないんだと泣き叫んでいます。

ワン親方
ワン親方

まぁ……モテないのは、この時点で何となく分かるぜ。

銀づち
銀づち

でもキャラとして私は好きですよ(異性としては別)。

 付き合う対象でと考えた時は、フィン君かな。次にマッシュ。

 一人ハイテンションに語っていくドット。イケメンのいない世界を作るのが目的らしい……うん。本当にキャラとしては美味しくて好きですよ。

 そして無視されるところまで、本当にいいポジションのキャラが来てくれました!

 ちなみにこの無視して話しているところなんですが、「結婚する?」「シュークリームはおやつに入る?」とかぜんぜん噛み合ってないのもポイント。

 怒るドットですが、ここで先生がやってきます。

サソリを倒して報酬ゲット!

 アドラとレアンの合同授業らしいのですが、森サソリというのを倒してその額にある石を取ってくるというのがその内容。
 森サソリの強さに応じて石の形は変わり、そして石の種類によってもらえるコインが変わるんだとか。

ワン親方
ワン親方

四角が銀か。当然、マッシュが狙うのはそっちだな。

銀づち
銀づち

数が少なくてレアっぽいですが、主人公ですからね……主人公ですから。

 危ないが、それを成し遂げてこそのイーストン魔法学校だ、と言う先生。死なないように、とか言いますが……この学校の治安は本当にどうなってるんでしょう。学校で死人が出たとしてもしょうがない、的な感じなんですかね?
 ガチで危ない授業な気はしますが、一応先生も見守ってて危なかったら助けてくれるのかな?

銀づち
銀づち

でも助けられたら減点→自主退学とかもありえそうですねぇ。

 ランスがマッシュに声をかけます。神覚者になるためには金のコインが必要なので、ここで銀のコインは必ず取っておきたいな、と。マッシュも気合を入れますが、そんな彼に近づいてくる影が一つ。

 ちょっと目がイッている感じの男子生徒。あからさまな悪役っぽい雰囲気でマッシュを煽ります。マッシュを調子に乗ってる、と言う彼の顔には線が2本。

 でも2本線が格好いい感じに入っているランスと違い、どこか残念でダサい雰囲気がします。

ワン親方
ワン親方

線の入り方でキャラの格好良さ変わるのも面白いよな。

 地味に注目したいポイントです。

 声をかけてくるだけでなく、魔法でマッシュを攻撃してきます。何か、地面から突き出してますね。それがマッシュの身体に突き刺さります。

 この時は先生に声をかけられてこれだけですみますが、マッシュが珍しく怒った目でその男子生徒を見ます。どうもこの男子生徒、2年生らしいです。ランスが言うには素行の悪さで有名らしいです。

 自分の気に食わない生徒はもとより、教師にも怪我を負わせて進級差止め扱いだとか。

ワン親方
ワン親方

おいおい、それでなんで退学にならねぇんだよ。

銀づち
銀づち

そういう世界観、としか言いようがないですねぇ。

 魔法使いとしての資質があればいい、というのがレアン寮にはよくある話だそうです。

 が、マッシュは懐に入れていたシュークリームが潰れていなかったことに安堵していました。どうやらシュークリームが潰れたかと思って睨んだようです。

ランスは食べ物をそのままいれるのは不衛生だ、と怒りながら二人して森の奥へと進んでいくのでした。このまま二人で行動しよう、とマッシュを振り返りますがそこにマッシュの姿はありませんでした。

迷子のマッシュとモテないドット

 一人になったけどまあいいかと思うマッシュの前に、赤髪のドットが通りかかります。

 驚いたマッシュの反応にいらっとしてビンタするマッシュ。無駄なカロリーを消費したとため息を付く彼に、ドットも怒り心頭。

 そこへ響く女性の悲鳴。

 女生徒が男子生徒に詰め寄られています。別れ話でもしてたのでしょうか?

 口元にホクロがあって、ちょっと色っぽい雰囲気のある女子が助けてくださいというところに駆けつけたのがドット。男子生徒が爆発します。

ワン親方
ワン親方

おおっドットは爆発系の魔法か!
派手で格好いいな!

銀づち
銀づち

これぞ魔法! という感じがしていいですよね!

 ド派手に黒焦げになって倒れる男子生徒。廊下で3人の生徒を倒した時も焦げているような描写がありましたが、そういうことだったようです。

 と、格好つけるドットですが、さすが自分でも認めるモテない男。ありがとうございます、なんて女生徒に微笑みかけられてめちゃくちゃ動揺してしまうのでした。

 深呼吸して「なんてことない」とキリッとしてみせるものの、手を握られただけで心臓がやばいことになっているドット。女生徒の背後に咲く花。きらきらした描写がすさまじい。

 更に追い打ちの一言を告げられ、ドットは「駄目だこりゃ」と自分の顔を殴るのでした。

銀づち
銀づち

手を握られた時の「ウオッホー」というなんとも言えない声がすごく好きですのでぜひ聞いて欲しい。

ワン親方
ワン親方

声優ってすげぇな。この声だけでドットというキャラクターを表してるぜ。

 それはさておき、森の一角では、マッシュに喧嘩を売ってきたあの2年が銀のコイン相当のサソリを倒して「そろそろか?」と不穏な言葉をつぶやいてました。

そんなことよりシュークリームが大切

 マッシュ、ドットと女生徒が丸太に腰掛けています。マッシュは我かんせずシュークリームをもふもふと食べ、ドットは名前のごとく目を点にしています。

 女生徒がそんなドットににじり寄ります。

 ここからしばらくドットの独壇場です。一人劇場とも言う。

 膝が軽く触れ合っただけでもめちゃくちゃな反応を見せるドットに、女生徒はおもわず「キモ」と声を出してしまいます。ドットがそれを聞いて「え?」と言うのに女生徒は必死に取り繕います。

 本当に素敵、と言われて召天しかけるドット。我に返ろうと自分を傷つけるわけですが、なんとこの女生徒。自分に魅力を感じた人を恋に落とす魔法を使っていたのです。

ワン親方
ワン親方

……ドットには魔法なんて無くてもいいんじゃね?

銀づち
銀づち

視聴者全員が思ったと思います。

 女生徒もちろっとそういうことを思いましたが、とにかくこれでドットは彼女に落ちました。となると残りはマッシュです。

 マッシュに「助けてくれてありがとう」などと言いますが「何もしてないけど」と冷静に返されます。彼女にとっては衝撃でした。今まではこの魔法で落とせなかった男性がいなかったからです。

銀づち
銀づち

ランスとかも絶対にかからないですよね。

 世界は広いのですが、それを知らない彼女はなんとか魔法で落とそうと魔力をあげますが、マッシュにはまったくかかりません。つまり、彼女に全く魅力を感じていないということで、それは彼女のプライドを傷つけました。

 ですがドットは落としたから、と一応納得します。……うーむ、なにか企んでいるみたいですね。

 そして彼女は儚げな表情を作って説明し始めます。2年のシルバって男子生徒に脅されている、と。

ワン親方
ワン親方

このシルバがあのレアンの2年か。ようやく名前出てきたな。

 彼女にしか使えない魔法を悪用しようと付きまとわれている、などと言う女生徒。まあ当然ながらこの流れを見た視聴者は思うわけです。

銀づち
銀づち

あ、こいつシルバと出来てんな、とね。

 しかし中々の女優ですね。無理やり従わせようとしてさっきみたいに、と涙を流す彼女にドットは立ち上がり、その男をボコボコにする、と宣言します。

 と、ここでシルバの登場です。

ドットもその気になれば格好いい

 シルバの魔法を避けるドットとマッシュ。ドットはちゃんと女生徒を横抱きにして避けているのが良いですね。格好いい。

 黙っていれば格好いい系なんですよね。

 そしてどこまでも苛立つ声と言動のシルバに対して、ドットは最初から全力。爆発魔法の超連打がシルバを襲います。

ワン親方
ワン親方

いやぁ、ほんと。ドットの魔法は格好いいな。魔法は!

銀づち
銀づち

ほんと華があっていいですねぇ。
でも細かいことは苦手そうな感じもしますが。

 地味なポイントとしては杖もちょっと特殊です。なんかトゲトゲしてます。

 倒したと思うドットの背後ではマッシュがおかわりのシュークリームを食べてました。一体どこに、そして何個いつも持ち歩いているんでしょうか?

 爆発の土煙が収まるとそこに在るのは石に包まれたシルバ。それで防いだようです。そして彼の反撃でドットは腹に強烈な一撃を食らってしまいます。

 その時に飛んできた小石がマッシュに向かい、食べかけのシュークリームが地面に落ちてしまいました。

 なんということでしょう! シュークリームが! ぺちゃりと! 地面に!

ワン親方
ワン親方

そんなに強調することじゃねぇ!
いや、食べ物は大切にしないとだけど!

銀づち
銀づち

シルバの強者感を出し、彼の笑い声が響く中、マッシュの「あ」という一言で今回は終わりです!

まとめ

 最大の被害者、シュークリームなお話でしたね。

ワン親方
ワン親方

そこじゃねぇ!

 今回はランスのおかん属性が判明するのと、新しいキャラクターであるモテない君の見せ場回でした。

ワン親方
ワン親方

ドットな、ドット!
モテない君は名前じゃねえから!

 なんかもうすでにドットは満身創痍みたいですが、次回はどんな展開になるんでしょう? だってマッシュとドットはそんな関わりがあるわけでもありませんから、マッシュが怒る展開になるにはどうなるのか……。

 まぁ、どうなるのか知ってるんですが……次回もモテな……ドットの見せ場があるのでお楽しみに! もちろん、マッシュも格好いいのでそちらも合わせて待ち遠しいですね!

銀づち
銀づち

ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました!

ワン親方
ワン親方

まったなー!


 これぞ魔法バトル! という感じの(色んな意味で)熱い爆発魔法の使い手、ドットが登場する話をアニメで見たくなった方は↓コチラ↓からどうぞ!

 いやでも漫画も見てみたくなった方は↓コチラ↓からもおすすめ!

前の感想>>第4話
次の感想>>第6話
感想一覧>>まとめ

ABOUT ME
銀づち
銀づち
マンガを熱く語ラー
名前の由来は、サイト名が工房なので道具(金槌)をもとに、金より銀が好きだなで銀づちとなりました。 マンガには好き嫌いがかなりあり、受け付けないイラストも多い。 好きな漫画にはめちゃくちゃ好きなキャラクターが登場する傾向がある。
記事URLをコピーしました